テストエンジニアとして検証のスペシャリストを目指す

検証のスペシャリストを目指すために

テストエンジニアとして検証のスペシャリストを目指す道があります。

そのためには知識と経験をバランス良く構築すると良いでしょう。

検証のスペシャリストと一口に言っても対象は様々です。ソフトウェア関連のテストエンジニアもあれば、自動車メーカー、IT家電、スマートフォン向けアプリケーションもあります。

IT家電のテストエンジニアとソフトウェア関連では仕事内容が異なる部分もありますし、SNSなどのWEBサービスのテストと自動車メーカーのテストでは、やはり求められる業務も変わってくると思います。

もちろんベースにあるのは対象のテストでありバグのチェックですから、その部分では共通していますが、検証のスペシャリストを目指す場合、まずはジャンルを絞ってスキルとキャリアを重ねる方が良いかもしれませんね。

たとえばアプリやモバイルデバイス、WEBサイト、WEBコンテンツのテストなら共通性がありますし、そのようなテストエンジニアを募集している企業も多いです。

最初はテストエンジニアとして就職して、その後同じ企業でテストリーダーを目指す、もしくは転職して収入アップ、給与アップを目指すという道もありますね。

大切なのは、そのような経験を積むと同時に、向上心を持って知識吸収を行うことです。入職前はモチベーションが高くても、環境に慣れる内に初心を忘れてゆくのが人間です。

特に目標が曖昧な場合、どうしても日々のルーチンにより情熱が削がれていくんですよね。。

しかし社内で結果を出す人間、出世する人間、そして好条件・高給与の会社へ転職する人間は、普段から高い意識で仕事に取り組んでいます。その結果、検証のスペシャリストとして自他共に認められる存在になるんですよね。

専門知識を身に付けるには、関連書籍を読んだり、関連資格を取得することも有効です。資格に関しては、IT検証技術者認定試験がありますので、経験を積みながら目指してみても良いでしょう。

尚、資格の有効性に関しては、仕事内容と資格の関連性でも記載していますので参考にして下さい。

以上をまとめますと、検証のスペシャリストを目指す場合はテストエンジニアとして経験を積みながら、関連資格、関連知識の習得を心がけると良いですね。