資格があると転職活動が有利になる

キャリアアップには欠かせない資格の取得

テストエンジニアの仕事にどんな資格が必要となるのでしょうか。

基本的にテストエンジニアになる為に必須と言えるような資格はありません。

あることで有利となる資格は幾つか存在しています。

ITエンジニア系の仕事ならどの仕事にも言えることなのですが、複数の資格を取っていくのはキャリアアップには欠かせないと言えますね。

まず必要だとされている資格の1つにIT検証技術者認定試験と言うものがあります。

他には日本ソフトウェアテスト資格認定委員会であるJSTQBが運営しているJSTQB認定テスト技術者と呼ばれる資格になります。

このJSTQB認定テストは世界的にも通用する資格となっていますので、是非とも取得しておきたいですね。

JSTQB自体が世界的な認定組織であるISTQBに加盟していることから国際的な認定テストとなっています。

日本では2006年から開始されたテストになるので比較的新しいテストだと言っても良いですね。

JSTQB認定テスト技術者の資格には3つのランクがあり、ファウンデーション、アドバンスド、エキスパートとなっています。

後者になるほどレベルが高くなるもので日本では現在のところファウンデーションレベルとアドバンスドレベルの試験を受けることが出来ます。

幅広い知識が求められる資格

ファウンデーションレベルで問われるのは基本的なテストのプロセスやテスト設計、テストを実施していく手法の確立、テストを支援するツールなどの知識を試されることになります。

初級の資格とは言ってもかなり幅広い知識を問われることになりますので、しっかりと知識をつけてから挑みたいですね。

他にも品質管理検定などもテストエンジニア関連の資格と言っても良いかもしれませんね。