テストエンジニアの注意点

テストエンジニアとしてバグ報告書はきっちり仕上げる

テストエンジニアに就く際の注意点にはどんなものがあるのでしょうか。

基本的にどんな仕事にも言えることなのですが、きっちりと結果を出すと言うことですね。

テストエンジニアの仕事はソフトウェアなどのいわゆるバグを探し出す仕事になります。

その為にどういったテスト方法を実施していけば良いのか。

またテストを効率的にするツールにはどういったものを使うのか。

などなど考えていかないといけないことは沢山あります。

そして、バグが見つかった時にはその状況をしっかりと再現して報告をあげていくことが必要になります。

バグレポートと呼ばれるものなのですが、これをきっちりと仕上げていくことが大切だと言えますね。

どのような現象がどういった状況下で起きるので、このように改善して下さいと言ったことを書くのがバグレポートの基本的な書式です。

テストエンジニアとしてこのレポートをしっかりと書けるかどうかは注意すべき点だと言えますね。

コミュニケーション能力も必要

また、実際のバグを探していく作業は派遣会社から派遣された人たちを使って、色んなケースを検証していくことになります。

その時にきちんと指示を出せるようにコミュニケーションを取る能力も注意しておきたい点ですね。

今回行われているのはどういった内容のテストなのか、どういった目的で行われているのかなどをしっかりと伝えておかないといけません。

多くの人と連携して1つの製品を仕上げていくチームなのですから、独りよがりになってしまわないような配慮も必要です。

エンジニア系の職種だからと言って人と関わらないで済むと言うことはありませんので注意しておきましょう。