テストの手法などに関する知識は必須

テストエンジニアにはない知識を得ていくことでスキルアップにも繋がる

テストエンジニアになるための知識量はどのくらいのものが必要なのでしょうか。

テストエンジニアに必要な知識としては先ずテストの手法などに関する知識は必須だと言えますね。

またテストをする製品についての知識も必要だと言えますね。

テストをする製品の特徴などを仕様書などからしっかりと把握していくことでテストエンジニアとしての仕事も捗ることになるでしょう。

テストエンジニアとしては直接的には関係ありませんが、開発側のスキルや知識もあると便利ですね。

テストエンジニア側からだけでの視点ではなく、開発側からの視点でもテストを作成していくことが出来ます。

多くの場合はテストエンジニアであることから開発側の知識までは得ようとはしないものです。

つまり他のテストエンジニアにはない知識を得ていくことは自分のキャリアアップにも繋がっていくでしょう。

また、資格の面から言いますとJSTQB認定テスト技術者の資格は取得していきたいですね。

ソフトウェアなどの製品を認定していくテスト技術者である為の資格になります。

テスト手法の基礎的な知識でも覚える

このJSTQB認定テスト技術者の資格は国際的に通用する資格となりますので、是非とも取得しておきましょう。

転職をする時にも有利となってくれるばかりか、年収面でも変わってくることになります。

こうして見るとテストエンジニアになることの知識量とはとても幅広い物だと言えますね。

ただテストエンジニアになる為の知識で言えば、最低限テスト手法の基礎的な知識だけでもしっかりと覚えておきましょう。

テスト手法を知らないことにはテストエンジニアの仕事をこなしていくことは出来ません。