テストエンジニアのデメリット

肉体的に辛い仕事である可能性が高い

テストエンジニアにおけるデメリットとはどんなものがあるのでしょうか。

IT業界におけるエンジニアの仕事はとても大変なものであると言っても良いでしょう。

どういった位置のエンジニアなのかによっても多少の誤差はあるでしょうが肉体的にはキツイものがあるようですね。

例えばの話ですが、テストエンジニアのテストにしても大詰めの作業になってきたところで期日に間に合っているのなら良いのですが、そうではないのであれば、バグを探す作業の為に就業時間などにこだわっていられないと言った状況になることもあります。

一日徹夜で作業をした、と言うだけならまだ良いのですが、2日連続で徹夜の作業をしないといけないなんてことも珍しいケースではないようです。

つまり若い時は良いのですが、年齢を重ねてくれば肉体的に仕事を続けるのが難しくなってくるとも言われているのです。

笑い話にもならない冗談なのですが、エンジニア系の定年は35歳だとも言われています。

それだけ肉体的に辛い仕事である可能性が高いというのはデメリットと言っても良いかもしれませんね。

企業によって労働環境が異なるのでしっかり確認する

ただこうした労働環境はその会社にもよっても異なってきますので、一概にすべての会社がそうであるとは言えませんね。

またこのような労働環境であるだけに家族の方の同意を頂きにくいと言ったこともデメリットであると言えるかもしれません。

家に帰ってこないで職場で寝泊まりしているようなことが続くとやはり家族の人としては心配になってしまいますよね。

仕事だからと理解はしていたとしても、心情としては納得できないと言うようなことですね。

テストエンジニアの場合はそこまで何日も徹夜が続くようなことは少ないかもしれませんが、会社によってはこうしたデメリットがあることは頭に入れておきましょう。