テストエンジニアの仕事内容をしっかり理解する

テストエンジニアの仕事はとても地味で忍耐強さがなければ務まらない

現在、テストエンジニアへ転職をお考えの方はテストエンジニアの仕事内容についてしっかり認識する必要があります。

実際にテストエンジニアとして働いてみたら自分が想像していた仕事と違がった、という事を防ぐためにもテストエンジニアとはどういう職種でどのような役割・仕事内容なのかという事をしっかり理解しましょう。

ここではテストエンジニアの仕事内容をご紹介しているので現在、テストエンジニアへの転職をお考えの方に参考にして頂きたいと思います。

テストエンジニアという職種はIT社会が年々成長を遂げている現在では注目を集めている職種になります。

テストエンジニアが活躍できる場も幅が広く、WEB関係の企業からソフト・ハードウェアの開発メーカー、半導体メーカー、自動車メーカ、アプリ関係、ゲーム関係と様々な分野で活躍する事ができます。

それぞれの職場によって必要になるスキルや知識は大きく異なりますが、役割・仕事内容は共通しています。

テストエンジニアの役割・仕事内容は、メーカーが開発した製品がしっかり動作するか、不具合はないか、バグはないか、という事を確認する事になります。

一見、製品の動作を確認するだけだから楽そう、と思われる方もいますが、テストエンジニアの仕事はとても地味で忍耐強さがなければ務まらないと言います。

メーカーの規定マニュアルにそって何百通りの事を試し、製品に異常はないかをただひたすら調べる作業になります。

例えば、このボタンを押した後にこのボタンを押したらどうなるか、このボタンとこのボタンを同時に押したらどうなるか、このボタンを何秒以上押したらどうなるのか、という事を繰り返し行い、製品が正常に動作するかを確認していきます。

テストエンジニアに向いている人の共通点

そのためにテストエンジニアに向いている人、向いていない人ははっきり分かれると聞きます。

テストエンジニアに向いている人の共通点は、精神力や想像力が高い方になるようです。

仕事のスキルよりも精神力や想像力が大切になってくると聞きます。

先ほども述べましたがテストエンジニアの仕事は地味な仕事をただひたすら繰り返す事になります。

ですので、折れない心、常に前向き、忍耐、丁寧、注意深いといった精神的な面と色々な事に気づく事ができる想像力やなんで?もしかして?といった好奇心も必要になってきます。

そして、開発に関する知識やバグに関する知識、製品に関する知識も必要になってきます。

このようにテストエンジニアに求められスキル、必要になるスキルは多くあります。

現在、テストエンジニアへの転職をお考えの方はここでご紹介した事を参考に自分はテストエンジニアに向いているのかを再度確認する事をおすすめします。